勃起不全や男性不妊の原因を知って、効果的な改善法を見つけよう!

男性

男性が持つコンプレックス

男性器の問題の原因は人それぞれ

不妊に悩む夫婦は少なくありません。女性側の体調も不妊の原因として挙げられますが、男性側にも問題がある可能性が考えられます。最も多い男性不妊の原因が勃起不全(ED)です。年齢を重ねると体力が衰えてくるため、必然的に男性器の機能が低下してしまうものです。しかし勃起不全に悩む男性の多くは30代から40代であるため、年齢は関係なくなってきたと言えます。ストレスや不眠、疲労が原因で体調が崩れてしまっていることが主な要因なので、まずは生活習慣の見直しを行なってみましょう。漢方は体質改善に効果的です。肉体的・心理的な勃起不全の要素を取り除くためにも役立つでしょう。

漢方に期待出来る効果

男性不妊の治療を受けるなら、医療機関を受診することが必要になります。まずはパートナーと検査を受け、何が不妊の原因であるかを確かめてみることが大切です。専門的な検査は医療機関でしか行なえないため、原因を明確にしたい場合は産婦人科などを受診した方が手っ取り早いでしょう。不妊治療には人工授精や体外受精などが用いられます。しかし自然妊娠を希望する夫婦は多く、特に勃起不全の治療は需要が高まってきているのです。漢方は勃起不全の原因自体を取り除くことが出来ます。ED治療薬のほとんどは勃起を促すためには最適ですが、根本的な原因を改善させるものではありません。漢方で体質を安全に改善させることが理想的です。

漢方愛用者たちの体験談

男性

薬よりも安いのでありがたい!(27歳)

結婚して1年が経とうとしていますが、仕事の疲れのせいか夫婦の営みが上手くいかずに悩んでいました。知人が不妊治療をしているので詳細を聞いてみたところ、その費用に驚き!とてもじゃないけど治療は無理だと諦めていたんです。同僚に相談すると漢方を勧められました。最初は半信半疑でしたが、心なしか体調が良くなってきたので飲み続けています。

ED治療薬が体に合わなかった(32歳)

20代のころからEDに悩まされており、妻にも申し訳なく思っていました。子どもが欲しいのに性生活すらままならない状態。どうにか改善しようと病院で治療を開始しましたが、治療薬を飲み始めてから頭痛や動悸が起こるようになったんです。そこで目をつけたのが漢方でした。副作用のリスクが低いとのことだったので、身近な薬局に相談して処方してもらったところ、自然に勃起出来るようになりました。

毎日欠かさず漢方を飲んでいます(43歳)

若い頃は元気だった体が、30代後半に差し掛かったあたりで急に衰えてしまいました。妻は気を遣ってくれますが、それが逆にいたたまれなくて・・・。滋養強壮剤を試してみよう!と立ち寄った薬局が漢方を扱っていたため、勢いで相談してみました。そこで丁寧なカウンセリングをしてもらえたんです。年齢のせいだと諦めていた下半身が再び元気になったことで、漢方の凄さを知りました。今では手放せない相棒のような存在です。

副作用はゼロではない

漢方を万能薬ではありません。特定の病気を患っている人などは特に注意が必要です。高血圧などの症状を悪化させてしまうケースも考えられるため、疾患がある場合には医師に相談するようにしましょう。また、体に合わないと感じた時にはすぐに服用を止めることも大切です。異常が見られるようであれば医療機関を受診し、検査を受けるようにしましょう。

効果が得られない場合

勃起不全を改善させるために漢方を飲んでも、中には効果が得られない人も居ます。その場合には専門的な治療が必要である可能性があるでしょう。男性不妊の原因が精子減少症などであれば医療機関における治療を受けたり、人工授精や体外受精を利用したりする方が最適です。漢方はあくまでも体質を改善させるためのものなので、病気の治療などには適さないケースが多いと言えます。

自己判断は危険

ドラッグストアなどで扱われている漢方を購入する場合、服用するタイミングや量に注目する必要があります。場合によっては体調を崩す原因にもなりかねません。漢方薬剤師が常駐しているような大阪の薬局などであれば安心です。専門家に相談することで体調や体質を考慮してもらえます。自分に合う漢方を見つけることが大切なので、自己判断で漢方を服用することは止めましょう。